猫と旅行と中日ドラゴンズとクサナギさん……が好きなカエルのつぶやき小路。 

by tatsunami03
 
カテゴリ:ドラゴンズ( 115 )
 
赤星発言とオレんちのVのシナリオ
先日スポーツ紙の記事で見たんですが赤星がイチローに「今年は210本打つからオゴれ」と(そんな言葉使いはしてません) また大口を 頼もしい発言をしていたようで。ヤバいぞ井端のVのシナリオ(笑)に修正入れないとダメか?
どうも赤星の存在というのはイバちんのシナリヲの邪魔になるようでございます。

…しょうがないので続きを読む
[PR]
by tatsunami03 | 2006-02-05 13:12 | ドラゴンズ
 
キャンプ イン!
みなさまあけましておめでとうございます

って何だよ旧正月かよッ て感じですが、いえいえ、キャンプ・インですよ旦那。
2月1日のキャンプインを『球界の正月』と称する方もおられますものね。ちなみにさっき見た中スポでは堂上寮長が申しておりました。でもキャンプが正月なら開幕は? …そこで旧正月か。 まぁいいや(早)。

…つづきを読む
[PR]
by tatsunami03 | 2006-02-03 12:52 | ドラゴンズ
 
昨日のつづき
ちょっと前にトーチュウの連載で(中スポにも載ってたと思われる)今年のオレ竜語録を振り返りつつシーズン回顧というのをやってたのね。あれ面白かった。担当記者の人が落合監督の試合後の談話を振り返りながら自分なりの分析をしているんだけど、読みながら「あ、私もあの時そう思ったな」とか「私は違う解釈をしたな」とか昨シーズンを思い出して読んだ。

…つづきを読む
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-28 20:26 | ドラゴンズ
 
ファンサービスのあり方について
正直どうだっていいんだわそんなもん。  アレー 話になんねぇよ

“あり方”なんつってそんな、“であるべき”的定義なんて無意味だと思うのね。
“ファン”などという人種は数たくさん居るんですから、『こうだったら嬉しいな』なんてのも多種多様だと思います。いろいろな形のサービスがあっていいじゃんね。

…つづきを読む
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-28 01:33 | ドラゴンズ
 
今年の井端 と中日を占う (by本人)
昨年シーズン終了後からこれまでの主に中スポに載った井端の語録を総合すると今シーズン、2006年の本人とドラゴンズは以下のとおり。

…つづきを読む
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-23 23:31 | ドラゴンズ
 
立浪 腹出たなぁ
今日のトーチュウに載っていた立浪の自主トレ風景なんスけどね。その写真が中スポでは一面。今日は名古屋に住んでなくて良かった。
いや、たぶん今に始まったことではないのだろう。ただ…立浪の半裸見たの超久しぶりだったんだよははは…
見ようとしなければ見ないで済むことがこの世にはたくさんあるんですよね。そして見てしまっても見なかったと自分に言い聞かせればそれはそれで以前のように過ごせることだってあります。でも見てしまったらもう、見る前の自分ではいられないことだってあるんだ。自分を騙すなんて無理だ(長いよ)
なんだよーあの樽腹わよー
や、この時期ですもの今からしぼるんだよ当然じゃん。自分だってそうさ餅食ってダラダラ年末年始過ごしたのがまだ抜けてないもん。風邪ひいて寝込んだのに逆に体重増えてるってどういうことよ自分。自分を律することが出来ない僕が、醜いからって君を誹謗なんてしやしない。昔キミは、ぴちぴちで青い果実のやうだったよ。友人のうし(巨人ファン)が撮ってくれたキミのアップ中の写真を今はもう無くしてしまったように、過ぎ去った日は戻らない。

e0080555_13292246.jpg猫井端を見た後に母が猫立浪を見て呟くのだ
「タッちゃんおしり大っきいね」
タツはでぶ猫じゃない。確かに痩せ形ではないけれど、♀のコだもん。猫としては小さくて華奢なタイプだ。タイプだったんだ。
同じようにテレビ見ながら言っていたんだよ。井端(人間)と立浪(人間)、選手名鑑によると身長が同じで体格も似た感じだね。だけど幅は違うのね。
昔は立浪さんも、もう少し……

太ったんじゃないの。恰幅よくなったの。


くそー。今年はこの出腹パワーでお前ら(誰よ)目にもの見せてくれるわ。




(写真はタツナミ記念(?)タツナミのおしり)
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-17 13:32 | ドラゴンズ
 
大島康徳のドアラ
荒木が正式に辞退したのでWBCに出場する中日の選手はシゲとドメの2人、台湾代表でチェンが出るのかな? なんとか落ち着いたようで、ヤレヤレですね。
WBCに関しては以前否定的な意見を書いたような(書いてないような)記憶があるけども、別に否定する気はない。あまり国際大会に興味がないのが現状だけど、好きな選手が沢山出ているなら見たいと思うし、そうでないなら見ないという程度。『国のため』 とか 『野球界の発展のため』 とか大義名分を振りかざされると「ハァ?」と思うし、『アメリカの商業主義が産んだクサレ大会』 『やめちまえ』 とか言われると「まぁまぁ、せっかくだからやりましょうよ」と思う。あんまり深く考えるとハゲるぞ。育毛剤だってドーピング対象なんだから大変よ。

アライバ辺りが出るのなら本腰入れて見ようかと思っていた(シゲドメだと中腰なのか?)が、それとは別にコーチに大島が居るので少し注目している。大島は私が中日で一番最初に好きになった選手だ。すぐにトレードで日ハムに行ってしまったけど、移籍1年目は東京ドームや川崎球場に日ハム戦をよく観に行ったなぁ。

写真は大島のサインボールを持っている(持ってないけど)ドアラ(初代)e0080555_2055559.jpg
今中日の公式グッズで販売されている 『初代』 と銘打ったドアラぬいぐるみはキモい我らがドアラ(得意技はバク転)と同じ濃い青色だけど、本当の初代(たぶん)ドアラは私が持っている薄い水色。注文する時に希望した選手のサインが入ったボールを持っていて、そのボールはマジックテープで手にくっついているから取り外しが可能である。私の大島ドアラのボールは、ワリと早い時期にマジックテープごと剥がれてしまい、何度接着剤で貼り直してもすぐに剥がれてしまうので現在はそのまま放っておいている。そのボールで立浪がじゃれて遊んだ為、ボールの表面には猫ひっかき傷が多数。
そしてドアラの左手にはマジックテープが虚しく付いたままになっている。
長い期間汚れるのを恐れてビニール袋に入れた状態で飾っていたので、経過した年数のわりにあまり汚れていないのだが、袋に入っていた長い間はほとんど外からドアラの全貌を見ることは出来なかった為、年に一度大掃除(中掃除くらいだが)の時に開けて懐かしむ程度で室内装飾品としての役割は果たしていなかった。
昨年、地球博記念のモリコロTシャツドラゴンズバージョンが発売された時に、出遅れて購入を思い立った時には子供用のTシャツしか残っていなかったので仕方なくドアラに着せて袋から出して置くことにした。

ずっと気になっていたし久しぶりに見てやっぱり気になるんだけど、大島のサインの上の球団名のロゴ “Dragons” は誰が書いたんだろう。マジックの太さが同じなので大島なのか、それにしてはきっちりとした筆なので球団の係の人(どんな係だ)が書いたのか。

どうでもいい話だけどたぶん死ぬまで気にかかったまま終わるんだろう。
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-14 20:02 | ドラゴンズ
 
何故か今、'05シーズン回顧 その1
年末年始の休みを利用して、やっと昨年の、溜まっていた試合のビデオを整理した。適当に録画して置いておいたビデオを見て、残しておきたい箇所だけ残して消去、特に良いシーンを集めてセルフ好プレー集を作ったりして遊んでみた訳だ。
面白い。楽しい。でも結構量を溜め込んだので辛くもありました。夜の夜中に編集作業をしているともう、なんだか楽しいんだか辛いんだか、仕事してるみたいな気分になってきて訳わからなくなるのね。気がつけばスズメの声がチュンチュン…
さっきから荒木と井端で何併殺取ってるんだよオイ。てな感じでw。

しかしたくさんあるとは言っても結構ヌケもありまして…そりゃそうだ。146試合全部録画したら何時間だよ。スコアラーかよ。録画したのに間違って消してしまった日ハム戦とか…ドアラの宙返りだけ残ってるのにー。ぶー。
特に負けが込んだ9月あたりなどはまるっきり録る気力が薄れていたり録っても消していたり中継が無かったり。
その時はアツくなってて見てらんなかったけど今になってもう一度見たいなぁ。なんて試合もあるんですが。ちょっと惜しい。
そのワリに交流戦が結構残ってたりする。楽天に3連敗した時の中継なんか全部ノーカットで残ってたりね。実は試合中はあまり見てなかったりするんだけど、記念に(w)録画しといて、後で見てやるー なんて思ったの憶えてるなあ。まだあの頃はこの先いい事あるって信じて疑わなかったし実際そうだったからねぇ(しみじみ)。

この時期にシーズンのビデオを見るのって面白いですね。結構忘れてることも多くて、意外だったり、今更思い返したりして「ああ、そうだったよな」とか楽しいんだわ。…楽しくなくも楽しいんだわ。
交流戦の時期ね~ アライバがダメだったね(彼らだけじゃないけど)。
というか実際春先から7月くらいまでかな?彼らあまり良くなくて、どちらかが出るとどちらかが打てなかったりして、ピーちゃんとゴンベ(@動物のお医者さん)みたいに2羽で一日置きに卵産みサボってるような有様だったのよね。打撃面では。
あと交流戦の頃は故障が多かったなあ。はっきりとした怪我は荒木がズレータにカマされたのくらいだけど、他にも死球が多かったり、当らないまでも際どい投球が多かった(これも荒木、井端に限らずだが)のはやはりマークされていたからなんだろうけど
ちょうど疲れも出て来た時期だったんだか、井端は足だいぶ悪かったのではないかと今更ビデオ見ても思うわけで。
それにしても怪我に強いというのも印象なんだよねあのふたり。決して身体は大きくないし荒木なんか上背はあるけど細い。細いけど頑丈だ。いいことだ。
荒木もそうだけど、昨シーズンの井端の怪我しても戻って来る速さはプチゾンビというか…富山で佐伯と交錯した時はもうダメだと思ったけど、しれっとした顔で次の回守備ついてたもんな。
インタビューで「足の具合は大丈夫なんですか?」と聞かれて「以前悪くした箇所をまたやっただけですから大丈夫です」とかなんとか言っちゃって、『逆にヤバいだろう?』 と思ったけど全然、やせ我慢して通しちゃったもんな。強いよなぁ。カラダもココロもなぁ。
結局井端はシーズン終盤に目の方に来ちゃったのが惜しまれるよなー。 ビデオ残ってない9月あたりねぇ。
負けが込んでた頃、『ああ、もう逆さに振っても井端も出やしない』 と絶望したの思い出しちゃいました。 けっ
とか言ってたら 『ああ、岩瀬までもう…』 もついでに思い出しちゃったぜ。
憲伸…7月が永遠に続けば今頃契約でゴネることもなかったのによぅ。

あれれれ暗くなっちゃった。
まあね。どうしても昨年を思い返すと暗い回顧も出て来てしまいますがそれは仕方ない。暗いのも実は嫌いじゃないので…
今シーズン始まるまで、時々思い出したら昨季回顧しちゃいましょうかね。
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-09 01:51 | ドラゴンズ
 
「ヨソはヨソ。ウチはウチ」 中日ドラゴンズ契約交渉第2ラウンド開始
昨日6日、06年中日の仕事始めは川上憲伸の2回目交渉でしたが球団側の提示は前回と同額の2,000万円ダウン、2億1,000万円。
面白いのが他球団のエース級・上原や清水の年俸を例に挙げて交渉した憲伸に対して球団側(井手編成担当)の回答が冒頭の「よそはよそ、うちはうち」という、関西のおかんの台詞のようだったことでしょうか。イデオンGJ。
翌7日には井端の2回目交渉が行われましたがこちらは6,000万円UP、前回提示より2,000万円増(前回提示は1億7,500万円と報道されていたけども1億8,000万円だった、と今回の報道で訂正)の2億円でサインとのこと。井端は最低でももう2,000万増を希望していたとかで、今回の結果にも納得していないそうですが渋々サイン。前回交渉時には「今年はもっと粘る」的発言をしていたのですが、どうせ面倒くさくなったんでしょうな(笑)。予想通り2回目にしてサインでした。
今回は特に金言は無かったようでそれだけが残念です。どうでもいいけど これ、誰なんだよ 顔変わってるぞw (ムンク? …山崎邦正?)

それにしても今年の中日は主力の保留が多いですが一部では『落合が監督になってから。あの銭ゲバの悪い影響』みたいな下衆の勘繰り的意見もあるようだけど …まるで無いとは私も思いませんが。良くも悪くも影響力の強い人だもんな。… それよりも今日のトーチュウに載ってたけど今年は球団側の査定がシビアだそうで。これまでは丼勘定というかおおらか(大本営の表現)査定だったのを改めたとか。
おおらか…か。確かに中日のイメージって田舎の富豪っちうか、旅行とか行くとよく見かける農家や漁師さんちがやたらと豪邸でびっくりするような…そんな感じなんだよね。今もそのイメージは変わらないし、一部報道では赤字と言われてるけど実際は余力ありまくりだよな。おおらかにもなるよな。
でも余力あるうちに改革しないと。これまで磐石だと信頼していたものがあっけらかんと崩れて行く、そんな昨今だものねぇ。
大人のFC作るとかナゴヤドーム改革案をファンから意見を募るとか、中日も重い腰ようやく上げた感がありますが、どうせフタを開けてみりゃたいした改革はしないと思われるけど(変わる事を良しとしない土地柄w)でもまったく何もする気配が無かった以前に比べれば進歩でしょうか。
そんな昨今の中日が年俸に関して渋くなるのも一理あるかと。
よく話し合ってくれればいいと思うんだよね。

以前ラジオで聞いた話だったと思うけど、遠征の時などに他球団(因みにその時の話では日ハム)はデーゲームを終えた後にその日移動があるならば球場でシャワーを浴びるなど身支度をしてそのまま移動するけれど、同じ当日移動でも中日の場合はそこで一旦宿舎に戻ってゆっくり身支度してから出発出来るとかで、つまりもう一泊分支払ってでも負担のかからない移動をさせているんだとか。
この話、広島ファンのじんさんにしたら超びっくりしておりました。いたれりつくせりじゃんな。
スポーツ選手が身体に気を使う金を使うのは当たり前のことでいいことだと思うのよね。
何故この話が急に出て来たのかというと、この話は一例だけど、他にも見聞きした話から推測するに、中日って恵まれた環境で野球出来てると思うのよね。他球団の事はよくわからないけど。
そのことを選手はもっと自覚するといいと思うし、球団もそのへんも含めて選手とよく話し合えばいいんじゃないのかしらね。『ウチは他球団より待遇いいんだからちょっとくらい我慢しろよ』とかさ。
話するのはいいことだからね。

保留っていうとすぐ選手が“ゴネてる”“ゴネ野郎”だの“銭ゲバ”だの言われて悪いイメージだけど、球団と選手が会話を持つ滅多にない機会だから納得行くまで話し合っていいんじゃないだろうか

と、立浪選手も申しておりますw  めずらしく意見一致したなオイ。

しかし契約更改に関する意見って立浪の談を待つまでもなく、保留=銭ゲバ・一発更改=漢 みたいなトコありますね。世間一般と特殊な立場との間の万里の河w な訳だが。報道がまたこの件に関しては必要以上に一般市民と化すからねぇ。写真とか、よりぬきでヘンな顔の載せるもんな。球児んときとか笑ったわ。(ヒデーよなぁ、あれ)
世間の意見なんて結局ほとんどが僻みから来てる訳で。『あんな奴が幾ら貰うなんてあり得ない』 などという意見は結局その人の価値観であり、球団が払う金があると言ってるのなら他人が口出しすることでは無いわな。そんな世論も考慮するのがうまいやり方だとは思うけど中日(に限らず球界全体)にソコまでのお利口さんを求めるのは今んとこ無理なんでしょうか。


それにしても憲伸の金額は2度目も同じ額だったけど井端の方は上がったんだよね。もしかして中スポの『わいわい広場』に来た意見がそうだったのかしらね。落合監督の“今季井端3番構想”発言も援護射撃だったように思えるけど。
ま、私の意見も相違ないのでいいと思うわこれで。人の意見なんて知らねーや。
次はドメなのか岩瀬なのか。まあキミらほどほどにね。ドメがWBC料要求しませんように…(それは来年か?)
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-07 23:55 | ドラゴンズ
 
貞ジィ 死去。悲しいよー
新年一発目のニュースがこれなんて…
近藤貞雄ジィ、最近名古屋ローカルでも発言を聞かないと思ってたら体調悪かったんだな。年齢的にもだいぶ来てたから気にはしてたんだけど…。 悲しすぎるー
私がドラゴンズを応援するようになったのは86年のシーズン終盤頃からで、当時貞ジィは大洋ホエールズの監督最後の年かな。中日OBとしては解説者としての方が馴染み深く、頑固で口が減らないダンディ爺ぃで大好きでした。
貞じぃの現役時代などというとさすがに旧石器時代なので(うそ)とにかく古い話なので伝説としてしか知りませんが、米軍のジープにひっかけられて投手の命である右手中指を負傷して巨人を自由契約となり、後に中日に拾われ奇跡のカムバック。その生き様は映画のモデルにもなったというのは有名な話ですね。
一時は自分を地獄の底に叩き落した事故に関して、その事故で指の関節が曲がったままになってしまったけれど、そのお陰で微妙な変化球が投げれるようになったと逆に感謝してると語っていたようです。でもそれより何より記憶に残っているのが、その話のついでに「オマケにこの指のお陰で女房を喜ばせることも出来たし」なんて言って助平親爺まる出しジョークを飛ばしていたことですわ。ああ貞ジィ素敵
自分を捨てた巨人に対しては引退後監督となり解説者となっても執念深くw 忘れずにいたのもナイスでした。
大島が日ハムに移籍した後に日ハムの監督に貞ジィがやって来た時は嬉しかったなぁ。大島も嬉しそうで、2,000本安打は貞ジィ監督時代じゃないかな。大島が殊勲打を打った時に大喜びでチュ~してたのなんかも懐かしいな。

あー、なんだか色々思い出してしまった。
今年は日本一になって、是非貞ジィのコメント聞きたかったよ。
三途の川で仰木マジックとダンディ合戦でもしながら時々下界を見守ってくれよー

合掌! でも貞ジィしめっぽいの嫌いだろうから泣かないぞ。 ・゚・(つД`)・゚・・(今日だけ。ちょっとだけだよ)
[PR]
by tatsunami03 | 2006-01-03 16:24 | ドラゴンズ


カエルの正体
自己紹介はこちら

コメント・TB・リンクに関する見解はこちら
カテゴリ
タグ
カエル的リンク
にっぽにあ亭・本店
にっぽにあ 猫亭
ほょ部長のお宅へ
名古屋発 レトロを訪ねて2
rayの写真日記
New!! ↓
ウノモさん 『ドラベイ流』

野球好きブロガーはこちらへ!↓







にほんブログ村 野球ブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしければぽちっとな してくださいませ
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31